淫乱美熟女との風俗体験

気分よりもむしろデータ主義

気分で楽しむのもありだとは思います。でも、データもまた、それなりに大切なんじゃないのかなって思っているんですよね。というのも風俗って女の子との相性と言う点ではやっぱりフィーリングも大切だとは思うんですけどそれまでの実績だって決して無視できないんじゃないのかなって思うんです。自分がこれまで良いなって思ったタイプの風俗嬢がどんなタイプなのかくらいはある程度は把握するようにしていますので、それで自分なりにデータというか、どういった傾向の風俗嬢とだと面白いのかや、どんな性格の女の子相手だと相性が良いのかと言ったことまで考えることのよってより楽しい時間を満喫することが出来るのかなと思うようになってきたんです。これは決して偶然ではなく、割と必然と言っても良いんじゃないのかなと思いますので、信ぴょう性はそれなりに高いんじゃないのかなって(笑)何でもそうですけど、統計とデータ。これはとても大切なことだと思いますよ。

譲れないのはやはり自分の信念

信念を持って風俗で遊んでいる…というと大袈裟かもしれないんですけど、気軽に遊んでいる一方で、心の奥底に秘めた思いがあるんです。それは風俗嬢に嫌な思いをさせないというものです。別に格好つけている訳じゃないんですよ(笑)ただ、自分をどれだけ快感に導いてくれるのかは目の前にいる風俗嬢なんです。その風俗嬢を不機嫌にさせてしまったらこっちの満足感だって半減してしまうんじゃないですかね。お客という立場ではあっても、だからといって何でも許される訳ではないですよね。むしろお客としての矜持というか、お客としてどうあるべきなのかということは考えるようにしています。その点をしっかりと考えるようにして風俗嬢との時間を満喫できればなって思っていますので、あまり深く考えない中でも相手の気持ちだけは考えるようにしています。それに、こっちがそのスタンスだと相手の風俗嬢は最もッとこちらに優しくしてくれるってことも分かってきました(笑)