淫乱美熟女との風俗体験

月末が多いような気がする

給料日直後というか、月末が風俗のタイミングとしては多いですね。というのも、自分の仕事が月初が忙しいんですよ。そこは結構残業になる率も高いですし、どうしても自分の時間を削らざるを得ないようなこともあるので、じゃあどうするのかってなるじゃないですか。そこはもう風俗どころではなく、友達との遊びのお約束もいれないところなので、遊ぶならその前か、あるいはそれが過ぎてからになるので月末が多いんですよね。月末に風俗に行って抜いておかないと、忙しい期間の中で欲求不満になったり、想像以上にイライラさせられてしまうかもしれないじゃないですか。そすると仕事の効率にも支障をきたしてしまうかもしれませんので、そうならないよう、自分なりにマイペースにってことを思って月末ですね。まぁいつ楽しんでもそうそう変わらないのかもしれないんですけど、自分の気持ちに余裕がある時の方がやっぱり良いんじゃないのかなって気持ちにはなりますよね。

だからこその風俗かな

風俗の良さって語りつくせないと思っています。なぜなら、魅力がありすぎるからです(笑)魅力が全然ないのであればそこまで固執しません。でも、毎回のように違った魅力があるんですよね。それを楽しんでいるだけで自分も満足ですし、その違いをそれぞれ噛み締めるのも好きなんです。だから、風俗は遊べば遊ぶほどに、いろんな気持ちになるってことに気付いてきたんですよ(笑)むしろこれって、風俗だけにしか出来ない楽しみ方なんじゃないかなとさえ思うんですよね。だからこそ、自分では風俗はもっと自由に、そして活発的に楽しみたいなって気持ちが強いんです。決して誰かのためとかではないんです。自分自身のために、もっともっと積極的に活用して、その上で風俗の違いを自分なりに楽しみたいんですよ。違いを理解出来る男になるためには、やっぱりそれなりに経験が求められるんじゃないかなって思いますし、やっぱりそこはとっても重要かなって思いますけどね。